いろいろ試しても治らなかった便秘を即効で解消できた方法とは

女性の横顔

健康に役立てましょう

ベジタブル

野菜には、代表的な栄養素としてビタミンやミネラル、食物繊維などが含まれています。これらの栄養素は、体にとって潤滑油のようなものですので、不足することによって体調に及ぼす影響は小さくありません。例えば、ビタミンAは肌荒れや風邪の予防に効果が期待できますし、ビタミンB群は疲労回復や新陳代謝を促してエネルギーを発生させたりします。ビタミンCは抗酸化作用があるので、癌の予防や老化を遅らせる作用も期待されるところです。また、食物繊維は腸の調子を整え、便秘の防止に役立ちます。野菜不足は、これらの栄養素が不足することになります。そのため、肌荒れや皮膚のシミ・シワが目立つようになったり、疲れやすかったり頑固な便秘に悩まされたりすることになるのです。他にも、ミネラルである鉄分が不足して貧血になりやすくなったり、カルシウム不足で神経過敏の状態に陥ったりします。

野菜不足によって引き起こされる体の不調については理解したものの、毎日野菜を摂るのは意外に難しいと感じている方も多いでしょう。そこでレシピを工夫して少しでも野菜不足を解消できるように努めましょう。野菜を多く摂るための一つの方法として、スープやみそ汁に入れるようにしましょう。具沢山の汁物は、それだけでおかずの一品になります。暖かな野菜たっぷりの汁物には、熱で体を温めるだけでなく野菜が持つ栄養素で体の調子も整えてくれる、一石二鳥の効果があります。夏場でも汁物を冷やして作れば、食欲がなくてもさっぱりと食べられますし、野菜が疲れがちな体に十分なビタミンやミネラルを供給してくれます。調理が面倒であれば、生で食べれば良いでしょう。一年中出回っている野菜の中にはトマトやキュウリ、レタス、ニンジン、玉ねぎなど生食出来るものが多くあります。これらを調味料を変えて毎日食卓に出す事で、野菜不足は確実に解消に向かうでしょう。